バンクーバー留学・旅行なら両替する必要なし!?

バンクーバーに留学・旅行する時にいくら両替した方が良いですか?

バンクーバーに留学・旅行を考えている人で、いくら現金を両替をして持っていけば良いのかと悩む人がいると思います。私もそうでした。私はバンクーバーに来る前、日本で両替をした50ドル札や100ドル札を持って来ましたが、使い道に困りました。短期留学の人は特に現金を両替する必要はありません!なぜ、現金は必要ないのか?また現金が必要になった時はどうするか?をお伝えします!



なぜ、バンクーバーで現金は必要ないのか?

両替必要なし-img01

バンクーバーではコンビニからレストラン、デパートから小さな売店、自動販売機までもがクレジット・デビットカードが使えます。現金が必要な訳ではありませんが、カードを使った方が利点がたくさんあります。

現金が使えない場所がある!?

日本だとカードが使えないお店やレストランがありますが、バンクーバーでは現金が使えない場所があります。バンクーバにあるスターバックスでコーヒーを買った際、50ドル札を出したら、50・100ドル札は使えないと言われました。全部のお店やレストランがそうである訳では無いですが、もし両替をするのなら50・100ドル札を持つよりも、20ドル札に両替することをオススメします!

チップ払いが楽!

タクシーやレストランなどを利用した際の支払いはカードの方がキャッシュで払うより断然楽ですレストランの場合ですと、キャッシュで支払う場合はチップをどれくらい渡すのかを自分で計算をしなければいけませんが(基本的に支払い料金 + 支払い料金の10%~15%のチップ代)、カードで支払う際は、自分でチップのパーセンテージかドルを入力する事が出来ます

両替必要なし-img02

このような機械をサーバーの人が持ってきてくれます!

両替する手間がない

両替をする際には銀行や両替店に両替をしに行かなければならないことと、どこの銀行や両替店のレートが一番お得なのか等を探さなければいけませんが、そのような手間がなくなります。

両替のお金が掛からない

円からカナダドル、カナダドルから円に変える際には、毎回交換手数料が掛かります。旅行に行く前にカナダドルに両替をして、旅行から帰って来た後に両替をすると手数料でお金はどんどん減っていきます…。

現金は本当に必要ないのか?

両替必要なし-img03

現在、学生としてバンクーバーに在住をしていますが、実際には留学生も旅行者も現金が必要になる時があります!

シェアルーム、ホームステイ代を払う時

シェアルームやホームステイの人にお金を支払う際には、現金が必要になります。エージェントで全てのお金を先に払っている場合は必要ありませんが、予定より多く滞在した場合等には必要になります。私の場合は語学学校に在学中はホームステイ、カレッジに在学中は自分でシェアハウスを見つけるというプランを担当のエージェントの人と組みましたので、ホームステイ代金のみエージェントへ先払いをし、現在はシェアハウスのオーナーさんに毎月滞在費用を現金を支払っています。

ランドリーやプリンター等の小銭

シェアルームによりますが、私が住んでいるアパートはランドリーが有料で、1回の利用に1.75ドルが必要です。住んでいる場所などにもよりますが、ランドリーを利用する際に小銭が必要になる場合があります。

またバンクーバーにある図書館などで、プリンターやスキャナーを利用する際には小銭が必要になります。

ホテルのチップ代

旅行者の多くの人はホテルに泊まると思いますが、部屋の掃除をしてくれる清掃担当者にチップ代を払わなければならないです。1ドルから2ドルの小銭ですが、それでも現金は必要になります。

現金が必要になった時はどうするか?

両替必要なし-img04

留学生の場合

留学の期間によると思いますが、私の場合は多くの留学生が利用しているキャッシュパスポートを利用しています

キャッシュパスポートについて

キャッシュパスポートとは、年齢制限が無く、銀行口座の開設が不要で、世界中のMasterCard®加盟店で利用をすることが出来るカードです。また海外現地にて通貨を引き出すことが出来るので、両替の手間や時間も省けます。

20170227

親からの仕送りもカンタンで安全、スペアカードも同時に発行、使いすぎないプリペイドタイプ、未成年でも持てる、24時間365日の安全サポートの5つの特徴があり、1週間程度で発行が出来るとても手軽で、便利なカードですので、是非ご利用することをお勧めします!詳しい説明は【キャッシュパスポート公式HP】ー海外への留学・旅行に安心・便利!で、ご確認下さい!

動画での簡単なキャッシュパスポートのご紹介もありますので、是非ご覧ください!

旅行者の場合

キャッシュパスポートを利用するのも一つの方法ですが、私は日本円を持っていくことをお勧めします。旅行期間や現地で何をするかにもよりますが、1万円程度あれば問題ありません。

まとめ

結論を言いますと、旅行者の場合は日本円を、留学生の場合はキャッシュパスポートを持ってバンクーバーに行きましょう!楽しい旅行、留学になることを祈っています!



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください