海外から日本帰国時に必要な4つのアプリ!2021年3月18日以降から対応開始

LINEで送る
Pocket

この記事は「スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用について|厚生労働省」の記事を参考にしています。

こんにちは、Yuta さん‼️

海外から日本帰国時に必要なアプリがあると聞きましたが、本当ですか!

よろしければ教えてください🙇

了解です😌

この記事では「海外から日本帰国時に必要な4つのアプリ!2021年3月18日以降から対応開始」について紹介をします。

留学やワーホリを終えて、海外から日本へ帰国する予定の人はぜひ参考にしてくださいね☀️

海外から日本帰国時に必要な4つのアプリ!2021年3月18日以降から対応開始

厚生労働省と検疫所が発表をしている入国前にインストールする必要があるアプリは

  • OEL
  • COCOA
  • GoogleMaps
  • Skype または WhatsApp

です。

各アプリについて詳しく解説しますね。

OEL – 位置情報確認アプリ

位置情報を報告するために必要なアプリですね。

日本へ入国後に利用案内のメール(followup@emergency.co.jp)が届いてから利用可能になるようなので、とりあえずダウンロードだけしておきましょう😌

ダウンロード – Android & iPhone

http://onelink.to/3ut4kf

利用方法

①入国後、入国者健康確認センター(followup@emergency.co.jp)からメールが届く

②待機する自宅またはホテルなどの宿泊施設に到着後、アプリを起動して「チェックイン」を選択

③ご利用開始以降、入国者健康確認センターから、あなたの現在の位置情報を求める通知が届くので【今ここ!】のマークを選択して、現在地を報告

COCOA – 接触確認アプリ

位置情報を報告するために必要なアプリですね。

新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について通知を受け取ることができるアプリです。

日本国外で利用すると「通信エラー」となり利用することができませんので、こちらもとりあえずダウンロードだけしておきましょう😌

ダウンロード – Android & iPhone

http://onelink.to/pqh97x

利用方法

①ダウンロード後、利用規約への同意等の利用開始は日本へ入国後に行います。
※日本国外で利用開始する場合は「通信エラー」となります。

②【陽性者との接触を確認する】を押すと、接触があるのか確認できます。

GoogleMaps(Androidのみ) – 位置情報保存アプリ

多くの人が地図アプリとして【GoogleMaps】を利用していると思いますが、位置情報の保存をすることもできます。

Android 利用の人はインストールが必要ですが、iPhone の場合は端末の設定から位置情報の保存が可能ですのでインストールの必要はありません

下記の「利用方法 – iPhone」では GoogleMaps を使用しない設定を紹介しています。

ダウンロード – Android のみ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.maps

利用方法 – Android

①GoogleMaps のアプリを開く

②「プロフィール写真」または「イニシャルアイコン」を選択

③「設定」を選択

④「個人的なコンテンツ」を選択

⑤「位置情報がオン」「ロケーション履歴がオン」を確認して、オンになっていない場合はオンにする

利用方法 – iPhone

①「設定」を選択

②「プライバシー」を選択

③「位置情報サービス」を選択

④「システムサービス」を選択

⑤「使用頻度の高い場所」の設定をオンにする

Skype または WhatsApp – ビデオ通話アプリ

所在確認の際に、担当者から連絡をするためのアプリになります。

WhatsApp は日本で例えると Line のようなものなので、海外で在住をしている人は基本的に利用をしていると思います。

WhatsApp の登録には電話番号が必要なので、電話番号を持っていない人はメールアドレスで登録できる Skype をインストールしましょう😌

ダウンロード – Skype

https://go.skype.com/app.download.qrcodeskypemobilerow

利用方法 – Skype

①Skype のアプリを開く

②「はじめる」「サインインまたは作成」「作成」の順に選択

③「アカウントの作成」ではあなたが利用をしているメールアドレスを登録して「次へ」を選択(このアカウントはMicrosoftのアカウントになりますので、既に登録されている場合はサインインでメールアドレスを入力します、⑧へ移動)

④「パスワードの作成」では任意のパスワードを入力して「次へ」を選択

⑤「氏名」を入力して「次へ」を選択

⑥「メールの確認」では登録したメールアドレスにコードが届いているので、コードを入力して「次へ」を選択

⑦「アカウントの作成」でロボットでないことを確認するためにいくつかの質問に答える

⑧「マイク」「カメラ」「通知」など表示されるアクセス許可はすべて「OK」・「許可」にして設定を完了する

⑨Skype のアプリを開き「アイコン」「設定」「アカウント&プロフィール」「自分のプロフィール」の順に選択をして、「検索結果と推奨事項に表示する」にチェックが入っていることを確認

アプリがインストールできない、またはスマートフォンを持っていない方へ

アプリがインストールできない、またはスマートフォンを持っていない方でも日本へ入国をすることが可能ですが、空港でスマートフォンをレンタルする必要があります。

レンタル料金は日本到着日含む15日間で15,000円(税込/補償・返却送料込)です。

株式会社ビジョン

詳しい内容に関しては、株式会社ビジョンから確認することができます。

まとめ

今回は「海外から日本帰国時に必要な4つのアプリ!2021年3月18日以降から対応開始」について紹介をしました。

海外から日本帰国時に必要な4つのアプリは

  • OEL
  • COCOA
  • GoogleMaps
  • Skype または WhatsApp

です😌

上記のアプリをインストールまたは事前にセットアップをして、入国審査や手続きをスムーズにしましょう。

この記事に関して何か質問がありましたらツイッターまでお願い致します😌

LINEで送る
Pocket