【常時更新】カナダBC州のコロナウイルスのルール・制限

生活
LINEで送る
Pocket

この記事ではカナダのBC州が運営している「Province-wide restrictions – Province of British Columbia」を参考にしています。

こんにちは、Yuta さん!

カナダのバンクーバーやウィスラー、ビクトリアが属するBC州のコロナウイルスで現在有効なルールや制限されていることなどを教えてください😊

上記の質問について回答しますね😌

この記事では「【常時更新】カナダBC州のコロナウイルスのルール・制限」について紹介をします。

カナダのBC州へ在住をしている人または留学、ワーホリを計画しているはぜひ参考にしてくださいね‼️

【常時更新】カナダBC州のコロナウイルスのルール・制限

それでは早速、現在施行されているカナダBC州のコロナウイルスのルール・制限を紹介します。

Province-wide restrictions – Province of British Columbia」のサイトから、留学やワーホリに特に関係するものを抜粋しています。

またこの記事は2021年2月24日時点においての内容になります。

集会

集会とはあなたが滞在をしているホームステイやシェアハウス、自宅、またはホテルなどの宿泊施設にて集まることを意味します。

現時点では、家族以外の人、または一人暮らしの場合はコアバブル以外の人とは、いかなる規模の集会も開いてはいけないことになっています。

例えば

  • 友人や他の家族をあなたの住居やホテルなどの宿泊施設に招待しないでください
  • あなたの裏庭や中庭(パティオ)、私道またはあなたが所有する他の場所に集まってはいけない
  • 子供の誕生日会などを主催しないでください

などがあります。

コアバブル

コアバブルとは簡単に言うと、一緒に住んでいる人です。

シェアハウスや学生寮で一緒に住んでいるルームメイトなどが当てはまります。

例えば

  • ルームメイトのいるアパートや家に住んでいる場合、住んでいる人はすべて同じ世帯のメンバーです
  • 一軒家に二つの家庭がある場合、例えば地上と地下室に別々に住んでいる場合は、コアバブルとしては当てはまらない

などがあります。

シェアハウスをしている場合、シェアハウス内で滞在をしている人で最大2人の人と会うことができます。

またコアバブルには、別の家に住む彼氏・彼女などのパートナー、友人、親戚、そして共同養育者が含まれる場合もあります。

そして同じ住居に住んでいない人でコアバブルに含めることができるのは最大2人と定義されています。

共同養育と法的養育の取り決め

子供が二つの世帯の居住者の場合はどちらの居住にも滞在できます。

例えば父親、母親が別々に暮らしをしていても子供は父親と暮らすこともできますし、母親とも暮らすことができます。

家族や孤立した人々を支援する

放課後の子供を迎えに行く、郵便、薬、食料品などの必需品を届けるなどの支援を家族や親しい友人に頼っている人は、これらの活動を続けることができます。

大学生たち

大学からあなたの子供を家に連れて行くことも大丈夫です。

一人暮らしの人を訪ねる

一人暮らしの人は、社会的な目的で最大2人のコアバブルを住居に呼ぶことができます。

許可されている活動・アクティビティ

下記の活動・アクティビティは許可されています。

  • 散歩やハイキング。ただしグループにならないようにする必要がある
  • 両親が子供を学校へ送迎する
  • 祖父母が子供を見る
  • 公共のプールとスケートリンクは、イベントに関連付けられていない場合、コロナウイルスの安全計画の元で運営できます

イベント

イベントは音楽ライブや映画館、結婚式や葬儀、宗教に関する集まりなどが含まれます。

可能なイベントもあれば、禁止されているイベントもあります。

文化イベントや集会

文化的なイベントや集会の禁止されています。

例えば

  • ミュージカルまたは演劇のパフォーマンス
  • ガラ(祭り)
  • サイレントオークション
  • 映画館での映画鑑賞

ドライブインおよびドロップオフイベント

ドライブインイベントは

  • 限られた人数で進行可
  • 最大50台の車が参加
  • 人々は車の中に留まる必要がある
  • 家族またはコアバブルのみで参加

の場合にて参加可能です。

ドライブインイベントの例

  • ドライブインシアター
  • 宗教的イベント

ドロップオフイベントは、コロナウイルスの安全計画の元で実施して進めることができます。

ドロップオフイベントの例

  • 募金活動
  • おもちゃの寄付

またすべてのドライブインおよびドロップオフイベントは、次の条件を満たしている必要があります。

  • 物理的な距離の維持 
  • 入口と出口の制御
  • 車の混雑や人の集まりを避ける

運動

屋内での高強度グループ運動

屋内での高強度のグループ運動は禁止されています。

理由としては高強度のグループ運動は、持続的かつ加速的な呼吸速度を引き起こし、他の人々との密接な接触を伴う場合があるからです。

ジムやレクリエーションセンターなどの施設では、次のグループ活動が一時停止しています。

  • ホットヨガ
  • スピンクラス 
  • エアロビクス
  • ブートキャンプ
  • 高強度インターバルトレーニング(HIIT)

屋内低強度グループ運動

屋内での低強度のグループ運動は許可されています。

理由としては低強度のグループ運動は、持続的かつ加速的な呼吸速度を引き起こさず、他の人々との密接な接触を伴いからです。

下記のグループ運動が許可されています。

  • ヨガ
  • 低強度のエクササイズマシンとカーディオ機器
  • 軽い重量挙げ
  • ストレッチ
  • 太極拳

屋内低強度グループ運動を提供するジムやレクリエーションセンターなどの施設では、公衆衛生ガイドラインに従って作成されたコロナウイルスの安全計画の元で運営をする必要があります。

ジムとレクリエーション施設

個別のトレーニングやパーソナルトレーニングを提供するジムやレクリエーション施設は、コロナウイルスの安全計画の元で運営することができます。

大人の屋内および屋外のチームスポーツ

22歳以上の屋内外のチームスポーツは禁止されています。

下記のスポーツが当てはまります。

  • バスケットボール
  • チアリーディング
  • 格闘技
  • フロアホッケー
  • フロアリンゲット
  • ロードホッケー
  • アイスホッケー
  • リンゲット
  • 武道
  • ネットボール
  • チームスケート
  • サッカー
  • バレーボール
  • 屋内ボウリング
  • ローンボウリング
  • カーリング
  • ラクロス
  • ホッケー
  • アルティメット
  • ラグビー 
  • フットボール
  • 野球
  • ソフトボール

現在、成人のチームスポーツに関連する制限が設けられていますが、トレーニングアクティビティなど、一部の屋内および屋外のスポーツやアクティビティは、参加者の数を減らして許可されています。

  • 屋内スポーツ:2人まで可能
  • 屋外スポーツ:4人まで可能

上記のどちらの場合も、全員が同じ住居に住んでいない場合は、参加者は3メートルの距離を維持する必要があります。

21歳以下の屋内および屋外のチームスポーツ

21歳以下の人々のために組織されたすべての屋内および屋外スポーツは 、viaSportのスポーツへの復帰フェーズ2ガイダンスに従う必要があります。

  • 個別の練習や訓練、トレーニング活動は継続できます
  • アマチュアスポーツ組織およびリーグは、参加者の健康と安全を確保するために追加のガイドラインを実装する場合があります

レストラン、パブ、バーでの注文

コロナウイルス拡散を防ぐために、家族またはコアバブルの人(最大2人)とレストランを訪れるべきです。

またテーブルにいないとき(お手洗いなどに行く際)はマスクを着用する必要があります。

レストラン、パブ、バーはコロナウイルスの安全計画の元で引き続き営業できます。 

公共の屋内環境でのマスクに関して

マスクは公共の屋内環境のすべての人に必要です。

フェイスシールドは口の下に開口部があるため、マスクの代わりにはなりません。

マスクであれば、布、ウレタンなど特に素材に関しては制限されていません。

下記の人はマスクの免除がされています。

  • 健康状態にある人、または身体的、認知的、精神的障害があり、着用できない人
  • 自分でマスクを外せない人
  • 12歳未満の子供
  • 聴覚障害の人とコミュニケーションをする必要がある人

下記の場所でマスクをする必要があります。

  • モール、ショッピングセンター
  • 食料品店
  • 空港
  • 喫茶店
  • 公共交通機関、タクシーまたは相乗り車
  • 礼拝の場
  • 図書館
  • 高等教育機関、オフィスビル、郡庁舎(法廷を除く)、病院、ホテルの共用エリア
  • 衣料品店
  • 酒屋
  • ドラッグストア
  • コミュニティセンター
  • レクリエーションセンター
  • 市役所
  • テーブルに座っていないときのレストラン、パブ、バー
  • 運動していないときのスポーツまたはフィットネス施設

次に該当する場合、$230の罰金が科せられます。

  • マスク着用の義務がある人で、屋内の公共の場でマスクを着用していない人
  • その場を離れる指示を含む、スタッフの指示に従うことを拒否した場合
  • 虐待的または好戦的な行動をした場合

職場や共有生活エリアのマスク

次の場所でマスクを着用することを強くお勧めします。

アパートの建物やコンドミニアムの共用エリア

  • エレベーター
  • 廊下
  • ロビー
  • 階段の吹き抜け

屋内職場共有スペース

  • エレベーター
  • キッチン
  • 廊下
  • 休憩室

渡航の自粛

現時点では、必須ではない旅行はすべて避けてください。

これにはブリティッシュコロンビア州への出入り、および州の地域間の旅行が含まれます。

例えば

  • 旅行で遊びにどこかへ出かける
  • 家族やコアバブル以外の友人や家族を訪ねるための旅行

必須の旅行・移動

下記の場合において、旅行や移動が許可されています。

  • お住まいの地域での仕事のための定期的な旅行・移動
  • 医療の予約や病院訪問などのための旅行・移動

例えば、バンクーバーに住んでいてサリーで働いている場合は通勤を続けることができます。 

本質的な理由で旅行する必要がある場合は、自宅で行うのと同じ健康と安全の予防措置を講じてください。

  • 頻繁に手を洗う
  • 安全な距離を維持する
  • 自分、家庭、またはコアバブルのみ
  • 可能な限り屋外に固執する
  • 頻繁に掃除をする
  • 屋内空間でのマスク着用

まとめ

今回は「【常時更新】カナダBC州のコロナウイルスのルール・制限」について紹介をしました。

まとめとしては

  • 家族またはコアバブル以外とは集会禁止
  • 大人の集団スポーツは禁止
  • マスクは必ずつけよう

です。

カナダのBC州へ在住をしている人または留学、ワーホリを計画しているにぜひ参考になれば幸いです。

また今回は Google が運営をしている「Province-wide restrictions – Province of British Columbia」のサイトを元に記事を執筆しました。

今後情報のアップデートがありましたら随時変更をしていきますね。

この記事に関して何か質問がありましたらツイッターまでお願い致します😌

LINEで送る
Pocket

タイトルとURLをコピーしました