コロナウイルスで自宅待機中の語学留学生は6つのことをしよう

コロナウイルスの影響により、海外に住んでいる語学留学生で現在自宅にて待機中の人はいませんか?

折角海外へ来て語学を学ぶモチベーションも高いのに、コロナウイルスの影響で勉強のやる気も削がれて、自宅でのんびりと過ごしている人も多いと思います。

この記事ではコロナウイルスで自宅待機中の語学留学生でしておくと良いことを考えてみましたので、ぜひ参考にして下さね😌

本記事では下記の内容を紹介します。

  • コロナウイルスで自宅待機中の語学留学生でしておくと良い6つのこと

この記事を書いている僕はカナダのバンクーバーにカレッジの学生として滞在をして3年以上過ごしており、実際に海外、特にカナダのコロナウイルスの情報を常に入手しているので、この記事の信頼に繋がると思います。

コロナウイルスで自宅待機中の語学留学生でしておくと良い6つのこと

それでは早速、コロナウイルスで自宅待機中の語学留学生でしておくと良い6つのことを紹介します😌

親に連絡

まずは親に現地の現状の連絡をしましょう😌

「語学学校が休校をしている」、「現在自宅待機をしている」など現地の情報を親に伝えることで、安心すると思います😌

親御さんも海外へ行っているあなたの国についてを知りたいと思っていますので、世界が不安定な時こそ小まめに連絡をすることが大事ですね‼️

語学の勉強

コロナウイルスの影響で語学学校が休校をしているこの間を利用して語学の勉強をしましょう😌

語学学校の授業についていくのが大変だった人は復習を、逆に簡単だった人は予習に時間をかけると良いと思います‼️

休校の時期は国や州などによって異なるとは思いますが、カナダの場合は大体2週間ほど休校になっています。

2週間も休校となって語学の勉強をしていないと、休校明けから授業が始まってついていくのも大変になると思いますので、自宅で語学の学習をしておくのが良いですね‼️

映画を見る

語学の勉強として映画を見るのもアリだと思います😌

休校の間、基本的に自宅で過ごさなければならないので映画を見ることによりリスニングやフレーズなどを学ぶこともできます☀️

興味のないジャンルや今まで見たことがなかった映画を見ることで海外の友達と会話をするときの幅が増えますので、映画を見ることは結構オススメですね‼️

ホームステイ先の家族やシェアハウスしている人とコミュニケーション、情報収集

語学留学でホームステイ先へ滞在をしている人はホームステイ先の家族と、シェアハウスをしている人はルームメイトとコミュニケーションをとったり、コロナウイルスに関する情報を収集することをオススメします😌

語学学校で忙し生活を送っていた人にとってはホームステイ先の家族と触れ合うのは語学力を高める良い機会ですし、コミュニケーションを取ることは良い関係性を築く上でとても大切なことです‼️

またホームステイ先の家族やシェアハウスをしているルームメイトとコロナウイルスについての情報を収集することにより、あなたの知識を共有でき、また新しいコロナウイルスに関する情報を収集できるのでコミュニケーションを取ると良いですね👍

たまには外に出て散歩

長期間に渡って自宅に待機をしているだけだと身体に良くないので、たまには外に出て散歩をすることも大切です🚶

フランスなど国によっては外出禁止の国もありますので、そのような国に滞在をしている語学留学生の場合は大人しく待機をする必要がありますが、そうでない場合は自宅の周りを歩いて外の新鮮な空気を取り入れると身体や気持ちのリフレッシュをすることができます😌

また外出禁止の国に滞在をしている人でも部屋の窓を5分から10分開けるだけで、部屋に新鮮な空気が入るのでオススメです☀️

体調が悪くなったら直ぐにホームステイ先の家族やシェアハウスしている人へ報告

最後に体調が悪くなったら直ぐにホームステイ先の家族やシェアハウスしている人へ報告しましょう。

自宅に待機をしていればコロナウイルスの感染を予防することができますが、待機以前にコロナウイルスを体内に取り入れてしまっているかもしれません。

無理をせず、体調が悪くなったら直ぐにホームステイ先の家族やシェアハウスしている人へ報告をして薬をもらったり、病院へ行きましょう。

まとめ

今回は「コロナウイルスで自宅待機中の語学留学生は6つのことをしよう」についての記事を執筆しました。

海外へ着いたばかりの語学留学生の人は不安になると思いますが、コロナウイルスの情報収集をしっかりとして自宅で待機をしましょう‼️

僕のツイッターではカナダ(特にバンクーバー)に関するコロナウイルスの情報を配信しているので、カナダでのコロナウイルスの最新情報を知りたい人はフォローをお願いします😌