バンクーバーにある大麻(マリファナ)の症状と種類

バンクーバーやトロントなどのカナダの地域に旅行や留学、またはワーホリで滞在を計画している人、または既に滞在している人で大麻(マリファナ)について興味がある人はいませんか?

カナダでは大麻(マリファナ)を嗜好する事は合法で、大麻をやってみたいけど、どのような症状やどのような種類の大麻(マリファナ)があるのかが怖い人に向け、今回はカナダ(特にバンクーバー)で販売をしている大麻にどのような症状や種類があるのかをお伝えしますね😌

本記事では下記の内容を紹介します。

  • 大麻(マリファナ)とは
  • 大麻(マリファナ)の症状
  • バンクーバーにある大麻(マリファナ)の種類
  • バンクーバーにある大麻(マリファナ)を販売しているお店

この記事を書いている僕はカナダのバンクーバーに留学生として在学中の2018年10月17日に、カナダで大麻(マリファナ)が合法化になりました。

僕は大麻を実際に体験したことがありませんが、バンクーバーに住んで多くの人が大麻を嗜好するのを見てきたので、大麻に関する事情をリアルに伝えることが出来ると思います‼️

大麻(マリファナ)とは

まずは大麻(マリファナ)についての知識を軽く紹介します。

大麻とは、麻(アサ)の花冠や葉を乾燥、樹脂化または液体化させたもので、日本では大麻、マリファナ、海外では他にもWeed(ウィード)と呼ばれます。

大麻の匂いは特徴的で、大麻の匂いを知ると、あなたの周辺で誰が大麻を吸っているのかがわかります。

大麻と聞くと良くない印象がありますが、大麻の主成分の麻の実は、実はものすごく体に良くて、麻の実には必須アミノ酸が9種類入っていたり、鉄や銅、亜鉛、さらにはマグネシウムなどのミネラルと不溶性食物繊維なども含まれており、これらは全て人体に良いものです😌

七味にも、実は麻の実が含まれていますよ‼️

イギリスの精神科医および神経精神薬理学者のDavid John Nutt(デビッド・ナット)博士が2007年に公開した「相対的な有害性に関する論文」によると、日本で嗜好品として含まれているタバコやアルコールとの方が大麻よりも有害性が強い薬物のグループ(オレンジ)に属しており、大麻は黄色の依存性や身体的な有害性が低いところにあります😌

大麻

https://ja.wikipedia.org/wiki/大麻

大麻(マリファナ)の症状

まず、大麻(マリファナ)を嗜好することによって、五感の感覚がいつもより鋭く感じるようになります。

大麻の種類にもよりますが、リラックスをさせる効果があるものや心地よさがあるもの、楽しくなる気分にさせるものまであります。

大麻を利用する前に、どのような効果を持っている大麻なのかを聞いておくと良いですね😌

短期的な影響としては、運転、学習、記憶力などに支障が出る恐れがあります。妄想を強く感じやすくなるので、不安を思うとパニックになったりする場合もあります。

大麻を使用する量にもよりますが、大麻を摂取した後、6時間以上は影響が出るので、運転や運動などは控える必要があります。

また長期的に利用すると、呼吸困難や精神のが悪くなる場合があり、そして大麻中毒になる可能性もあります。

そして10人に1人の割合で、大麻(マリファナ)の中毒になる可能性があるようですね。

バンクーバーにある大麻(マリファナ)の種類

大麻にはまず3つの品種があります。

  • インディカ種
  • サティヴァ種
  • ハイブリッド種

インディカ種

インディカ種の大麻は身体的な鎮静作用があり、リラックスをしたい時に利用をします。

例えば映画やテレビ、音楽を見たり聞いたりしてリラックスをしたい時や、睡眠前に嗜好をするのに適しています。

サティヴァ種

サティヴァ種の大麻は通常、気分を爽快にさせ、高揚感をもたらす精神作用があります。

身体的、社会的、創作的な活動や行事とよく合い、例えば作曲をする時や絵を描くときなどですね‼️

ハイブリッド種

ハイブリッド種は異なる品種を掛け合わせたもので、親の大麻から受け継いだ特性にり、インディカ種、またはサティヴァ種の間のどちらかになります。

大麻(マリファナ)の嗜好の仕方

そして、大麻(マリファナ)を嗜好する際はタバコのように嗜好をするジョイントによる喫煙摂取や、パイプを利用した摂取や、ボング(水パイプ)、ヴェポライザー(気化器)などの摂取方法があります。

また、チョコレートやクッキーなどに大麻を入れ込む調理摂取などもあり、大麻(マリファナ)を販売するお店では大麻入りのチョコレートやクッキー、飲み物を販売しているお店もあります。

バンクーバーにある大麻(マリファナ)を販売しているお店

最後に、バンクーバーにある大麻(マリファナ)を販売しているお店について紹介をしますね。

バンクーバーには街中の至る所に大麻を販売しているお店がありますが、そのお店の中には法律的に認められていないものがたくさんあります‼️

下記の記事では大麻を販売するライセンスを所持しているお店ですので、安心して利用できますよ😌

まとめ

今回は「バンクーバーにある大麻(マリファナ)の症状と種類」について執筆をしました😌

カナダでは大麻(マリファナ)は合法なので、確かに嗜好することが出来ますが、効果を良く知り、他の人に迷惑を掛けないように楽しみましょう‼️

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください