コロナウイルスの影響でカナダへ入国は現在できる、できない!?

カナダのバンクーバーへ現在旅行や留学、ワーホリを計画している人で、コロナウイルスの影響で現在カナダへ入国をすることができるのか知りたい人はいませんか?

コロナウイルスの影響は世界中に広まり、国によってはその国の市民以外の旅行者、留学者などの入国を拒否している国もあります。

この記事ではコロナウイルスの影響で現在カナダへ入国をすることができるのかについて紹介をします。

本記事では下記の内容を紹介します。

  • コロナウイルスの影響でカナダへ入国は現在できる、できない!?

この記事を書いている僕はカナダのバンクーバーに留学生として滞在をして今年で3年目になり、現地でカナダのコロナウイルスの情報を毎日ツイートをしていたりしているので、この記事の信頼に繋がると思います。

コロナウイルスの影響でカナダへ入国は現在できる、できない!?

結論を先に言いますと2020年3月28日現在、基本的にカナダへ入国をすることはできません。

しかし以下の人はカナダへ入国をすることができます。

  • カナダ国籍保持者
  • カナダ永住権保持者
  • 特定の留学生
  • 外国人労働者

上記以外の人は残念ながら現在カナダへ入国をすることができません(他にも乗務員や乗り継ぎ渡航者なども該当をしますが、今回の記事では省略します)。

そしてカナダへ入国をしてもコロナウイルスの症状に関係なく入国日から14日間の自宅待機をしなければいけません。

特定の留学生

特定の留学生とは2020年3月18日に渡航制限が有効となる前にに有効な就学許可(Study Permit)を所有している、または就学の許可が承認されている留学生です。

international students who held a valid study permit, or had been approved for a study permit, when the travel restrictions took effect on March 18, 2020

Government of Canada

それ以降に発行されている学生ビザを所有している人に関しては現状カナダへ入国をすることができません。

外国人労働者

外国人労働者とは季節的な農業労働者、漁業労働者、介護職の労働者、その他の全ての臨時外国人労働者です。

seasonal agricultural workers, fish/seafood workers, caregivers and all other temporary foreign workers

Government of Canada

特定の留学生と外国人労働者でカナダへ渡航しようと考えている人へ

あなたが特定の留学生または外国人労働者として当てはまり、今後カナダへ渡航をしようと考えている人は一度「在日カナダ大使館」へ問い合わせをした方が良いと思います。

この記事はカナダ政府の公式ホームページの「How COVID-19 is affecting business at IRCC – Canada.ca」を引用・翻訳をしていますが、状況は常に変化をしています。

本当にカナダへ入国を考えているなら在日カナダ大使館へ連絡をしてあなたが特定の留学生または外国人労働者として該当するのか確認してもらいましょう。

在日カナダ大使館のリンク

カナダで利用できる国際空港

2020年3月28日(土)現在、カナダで利用できる国際空港は

  • カルガリー国際空港(Calgary International Airport)
  • バンクーバー国際空港(Vancouver International Airport)
  • トロント・ピアソン国際空港(Toronto’s Pearson International Airport)
  • モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港(Montréal’s Pierre Elliott Trudeau International Airport)

の4つです。

他の国際空港は現状利用することが出来ないので、カナダへ入国をする人は上記の空港を利用して入国をしましょう。

カナダの渡航制限はいつ解除されるのか?

2020年3月28日(土)時点でカナダ政府からカナダの渡航制限に関する内容はまだ発表されていないです。

もちろんコロナウイルスの影響が終息することで今までのようにカナダへ入国をすることができると思いますが、終息の目処が立っていないため、現状は分からないですね。

コロナウイルスがこれ以上流行ると最悪今年一杯まで入国制限が解かれない可能性もありますが、人々も認知してコロナウイルスの対策をしていますので早い段階で入国制限が解除される可能性もあります。

カナダ政府は入国制限を解くのはアメリカ政府の方針と同じような方針を取ると思うので、アメリカ政府がどう行動をするのかもニュースやインターネットで確認しておくと良いですね。

また入国制限を解くのは渡航制限を掛けたように被害が少ない国から解かれると思いますので、日本が早く入国制限を解くのは日本政府がしっかりとしたコロナウイルスの対策を取ることとこの記事を読んでいるあなたがコロナウイルスに掛からないように手洗いなどをすることで解除されるのが早くなるかもしれません。

まとめ

今回は「コロナウイルスの影響でカナダへ入国は現在できる、できない!?」についての記事を執筆しました。

現状カナダへ入国をすることができるのは

  • カナダ国籍保持者
  • カナダ永住権保持者
  • 特定の留学生
  • 外国人労働者

ですが、カナダへ入国をした日から14日間は自宅隔離なので必ず守りましょう。

また何か分からないことや知りたいことが質問がある人は在日カナダ大使館へ訪ねてみましょう。

この記事はCanada provides update on exemptions to travel restrictions to protect Canadians and support the economy – Canada.caを引用、参考にしています。