カナダでコロナウイルスの検査へ行ってみた結果…

生活
LINEで送る
Pocket

先日、僕の同僚の彼氏さんがコロナウイルスに感染した疑いがあるという事が社内で伝わり、本日会社命令でコロナ検査に行ってきました。

カナダでコロナウイルスの検査を受けてみたいけど、実際にどう行動をすれば良いのか知りたい人も多いと思うので、この記事を執筆することにしました。

簡単に僕の自己紹介をすると、カナダのバンクーバーに留学生として3年間在住をしており、カナダやバンクーバーに関する記事を毎日執筆しています😌

カナダでコロナウイルスの検査へ行ってみた結果…

結論を言うと、カナダでコロナウイルスの検査へ行ってみた結果、

コロナウイルスの検査を受けることができませんでした。

上記の結論について詳しく解説をします。

なぜコロナウイルスの検査を受けることができなかったの?

なぜ僕がコロナウイルスの検査を受けることができなかったと言うと「コロナウイルスの症状が出ていなかった」からです。

僕が置かれていた状況

まず僕は「カナダのバンクーバー」に在住をしています。バンクーバーはブリティッシュコロンビア州(British Columbia)に属しており、コロナウイルスの対策はカナダの各州によって異なります。

冒頭でも紹介をした通り、「僕の同僚の彼氏さんがコロナウイルスに感染した疑いがある」というのが発端でコロナウイルスの検査を受けに行きました。

しかしクリニックへ行く事前に、色々とコロナウイルスの検査についてサイトを調べた結果、ブリティッシュコロンビア州が定めるコロナウイルスの概要に【コロナウイルスの検査は無症状の人には推奨されません】の一文がありました。

3. COVID-19 testing is not recommended for asymptomatic individuals.

Routine COVID-19 screening of asymptomatic people is not recommended in BC (e.g., in schools, prior to surgery or other procedures, in hospitals or healthcare settings, as a condition of employment or for travel).

COVID-19: Adult Viral Testing Guidelines for British Columbia

そして実際にクリニックへ行き、ドクターと話すと無症状の人はコロナウイルスの検査を受けることは出来ないと言われ、事前に調べていたサイトと同じ資料を頂きました。

ちなみに診察時にドクターから頂いた資料は「BCCDC_PHL_Updated_nCoV_Lab_Guidance.pdf」です。

ただ僕の立場は会社で働いている一従業員なので、雇用主のボスから検査に行けと言われれば、行くしかないのがその時置かれていた立場でした。

僕がコロナウイルスの検査のために実際に訪れたクリニック

僕がコロナウイルスの検査のために実際に訪れたクリニックはバンクーバーのダウンタウンにある「City Centre Urgent Primary Care Centre」です。

住所:1290 Hornby St, Vancouver, BC V6Z 0A3

僕はダウンタウンの近くに住んでいるので、City Centre Urgent Primary Care Centreへ訪れましたが、BC州が提供をしている「British Columbia COVID-19 Collection Centres」のサイトを利用すれば、あなたの自宅からコロナウイルスの検査をしているクリニックや施設を見つけることができます。

British Columbia COVID-19 Collection Centres

コロナウイルスの検査を行うまでの流れ

上記でも話した通り、僕はコロナウイルスの検査をしていませんが、僕がクリニックについてどのような流れで先生との診断が行われたのかを紹介します。

1.クリニックへ行く

まずはコロナウイルスの検査を行うためにクリニックへ行きます。場所によっては外にテントを張って検査をしている場所もあるようです。検査を行っている施設は「British Columbia COVID-19 Collection Centres」のサイトから探すことができます。

またコロナウイルスの検査を受けるには【MSP(ブリティッシュコロンビア州の保険)】の登録が必要になります。

MSPの登録方法は下記に記載してあります。

ちなみに僕は「BC Services Card(医療や行政などのサービスを受けることができるカード)」を持っていませんでしたが、MSPに登録をしてその番号を伝えることでもコロナウイルスの検査を行うことができます。

2.呼ばれるまで待機する

看護師さんから呼ばれるまで待機をします。僕が訪れた City Centre Urgent Primary Care Centreではクリニック内が密にならないように、室内にいる人数が10人を超えた場合は外で待つといった感じでした。

クリニック内に入り、消毒をして、番号が書かれてある紙を貰いコロナウイルスの検査を待っていました。

クリニックで番号を取った時、僕よりも先に10人ほど待っていました。その時の待ち時間は約1時間ほどでした。

3.コロナウイルスの検査を行う前の簡単な検査

コロナウイルスの検査を行う前に看護師さんから本日来店された内容について尋ねられます。コロナウイルスの検査と伝えると、ドクターの診断の前に体温や脈拍数などを計測します。この際に BC Services Card や MSPの番号を伝えます。

4.診断

看護師さんから声がかかり、いよいよドクターが診断をします。その際に再度、BC Services Card や MSPの番号を渡します。

ここでの診断は現在どのようなコロナウイルスの症状があるのかなどを尋ねられますので、あなたの症状を素直に伝えましょう。

実際に僕はこの時点でお医者さんへ正直に無症状ということを伝えたら、コロナウイルスの検査を受けることができませんでした。

もし症状がある場合はこの診断のあとにコロナウイルスの検査がされると思います。

検査ができなかったことへの不満はありますか?

個人的には「コロナウイルスの検査ができなかったことに不満はありません」でした。

無症状の人よりも、熱や咳などコロナウイルスの症状が出ている人へ検査キットを利用しないとキットが無くなったり、検査結果の取得に時間がかかると思っていたからです。

コロナウイルスは世界で流行をしてから5ヶ月を過ぎても未だに謎が多いウイルスで、無症状の人もただウイルスが潜伏しているだけの可能性もありますが、疑わしい症状が出ている人へ優先的に検査をするのが得策だと思います。

まとめ

今回は「カナダでコロナウイルスの検査へ行ってみた結果…」について紹介をしました。

結論はバンクーバーが属するブリティッシュコロンビア州では【コロナウイルスの症状が無いのなら検査に行くな】でした。

もちろんあなたに熱や咳などの症状がある人は迷いなクリニックや施設へ行き、コロナウイルスの診断を受けた方が良いです。しかしあなたが無症状の場合、コロナウイルスの症状を持っている人が訪れるクリニックへ行き、診断を受ける方がコロナウイルスに感染する確率が個人的には高いと思っています。

もちろん滞在している州によって定めているガイドラインは異なるので、あなたが滞在をしている州が定めたコロナウイルスのガイドラインに沿って行動をしてください。

何か質問などがある人はツイッターからしてくださいね。

LINEで送る
Pocket

タイトルとURLをコピーしました