ワーホリ者必見!カナダでフードセーフレベル1(Foodsafe)の資格概要から授業予約まで

foodsafe01

フードセーフとは?

フードセーフとはレストランやフードトラックのキッチン、キッチンヘルパー、サーバー、ディッシュウォッシャー(お皿洗い)のための資格で、食品の取り扱い、衛生管理など食品を扱う人にとって必要な資格です!

日本語のテストを受講出来るため、英語に不安がある人でも気軽に取得しやすいテストです!

テストは1日で終了し、また地域にもよりますが基本的に土日を含む全ての曜日で授業が行われているため、テストは受けやすいです!

ワーキングホリデーの人や留学生でキッチン又はキッチンヘルパー、ディッシュウォッシャーのアルバイトを考えている人にとっては取得すると良い資格の一つです!

フードセーフはカナダのブリティッシュコロンビア州(British Columbia)公認の資格で取得後から5年間有効です。



キッチンやディッシュウォッシャーとして面接に合格しやすい!?

foodsafe02

キッチン又はキッチンスタッフ、ディッシュウォッシャーの面接前にフードセーフを取得しておくと、採用が決まりやすくなります!

フードセーフはブリティッシュコロンビア州で認可されている資格なので価値があり、フードセーフを持っていれば、食品の扱い方を知っていると面接前にアピールすることが出来るからです。

給料が上がる!?

foodsafe03

私の場合は、働き始めて1、2ヶ月後にフードセーフの資格を持っていると給料が上がるよ!と勧められたので取得をしました!実際に給料も上がりました!

レストランやフードトラックで長期間働くつもりの方は早めに取得して給料を上げることをオススメします。

フードセーフの受講費用

フードセーフの資格を取る為には、フードセーフの公式のホームページで授業の予約をする必要があります。

フードセーフの授業を受講する地域により異なりますが、受講費は基本的にカナダドルで、$65から$90の間です(バンクーバーは税込みで$84必要)※2019年1月現在。



フードセーフの開催場所

受講する日付などで開催場所は異なりますが、バンクーバーで行われるいくつかの住所は下記にありますので、確認して見て下さい。

420 E Broadway

foodsafe-place01

BCIT Downtown Campus

foodsafe-place02

Vancouver Premier College Of Hotel Management Ltd

foodsafe-place03

フードセーフの取得方法

foodsafe04

フードセーフの資格はPCを使いオンラインで授業を受けた後にテストを受ける方法、または大学やコミュニティセンターなどで8時間の授業を受けた後にテストを受ける、授業形式の方法があります。

今回は私が実際に受けた授業形式の取得方法を説明します。



フードセーフのサイトにアクセス

グーグルで”FOODSAFE”と検索、もしくはこちらのリンクからFOODSAFEのサイトのFOODSAFE Level 1にアクセスします。

そしてTake Level 1 in a classroomのSearch in-person coursesをクリックします。

foodsafeex01

地域の選択

Course Search のページに移動するので、赤枠のように”FOODSAFE Level 1″と”自分が受講したい地域(例:Vancouver, Richmond, Surrey, Victoria)”に変更して、Searchをクリックし検索をしましょう。

検索結果で都合の良い日付や開催場所を見つけた後、そのCourse NameのFOODSAFE Level 1をクリックすると詳細ページに移動します。

foodsafeex02

日付、場所、費用の確認

詳細ページに移動すると、担当講師や費用、日付、場所、時間が記載してありますので、再度確認をしましょう!

確認後、Contactに記載してあるURLをクリックして、フードセーフの授業を行う会社のホームページに移動します。

foodsafeex03

フードセーフの授業予約ページにアクセス

移動したページで、自分が受講したい授業を見つけましょう。

下記のサイトでは、Upcoming FOODSAFE Classes の下のFOODSAFE 1 Classesに授業が記載されています。

様々な場所でフードセーフの授業は行われていますので、開催場所に気をつけましょう!

foodsafeex04

個人情報入力

開催場所、日付、時間を再度確認し問題が無ければ、Registration Details に必要な項目を記載します。

Language of Workbookとは当日の授業で使用する教科書の言語についてです。

英語や韓国語、中国語などがありますが、日本語はありませんので、English of Workbookを選択しましょう。

Language of Examはフードセーフのテストの言語についてです。こちらは日本語があります。

日本語を選択すると、当日のテストを受ける際に日本語用のテストが渡されます。

英語で書かれた文章と一緒に日本語訳がありますので、知らない単語が出た際も安心してテストを受けることが出来ますので、日本語を選択することをオススメします。

foodsafeex05

入力確認画面

自分が入力した情報が確認画面に表示されますので、間違っていないかを確認します。

確認後、授業料の支払いに移ります。

クレジットカードまたはデビットカードで支払う方法と、ペイパルで支払う方法があります。支払いが済みしましたら、予約は完了です!

foodsafeex06

まとめ

ワーホリの方や留学生の方で、レストランやフードトラックで働こうと思っている方に是非オススメの資格です!

気軽に取ることが出来るテストですので、給料を上げるために是非挑戦をしてみましょう!!

この記事はFOODSAFEADVANCE Continuing Educationの情報を使用しています。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください