英語で道案内をする際の3つのポイントと英文【電車、道中】

guiding-pointsMv

道を歩いている時に、外国人から道を尋ねられたことはありませんか?

その時にどうすればよいか迷って、「I am sorry」と言ってその場を立ち去り、後でどうすれば英語を使って道案内をすることが出来たのだろうと考えたことはありませんか?

本記事では下記の内容を紹介します。

  • 外国人に道案内をする際のポイント
  • 英語で道案内の仕方【道中】
  • 英語で道案内の仕方【電車】

この記事を書いている僕は、バンクーバーに滞在して約2年の間、一度も日本に帰国せず、英語環境に揉まれに揉まれ、英語を話せるようになったので、記事の信頼性にも繋がると思います

外国人に道案内をする際のポイント

外国人に道案内をする際のポイントは

  • スマートフォンを使う
  • 英語で話しかけられた場合は英語で、日本語で話しかけられた場合は日本語で答える
  • わからない時はわからないと言う

の3つです。

スマートフォンを使う

guiding-points01

突然外国人に道を聞かれたら、焦ったり、緊張をすると思いますので、とりあえずスマホを出して

Where do you want to go?

(あなたはどこに行きたいのですか?)

と尋ねましょう。

スマートフォンを利用することで、地図や翻訳のアプリがあなたの案内を手助けしてくれますし、画面などを表示し、視覚化した方が、聞くだけよりも理解度が増します。

英語で話しかけられた場合は英語で、日本語で話しかけられた場合は日本語で答える

guiding-points02

外国人だからと言って、全員が日本語を話せないわけではありません。

外国人が日本語を使って道案内をした時の心境は、日本語を使って日本人が何を言っているのかを理解したいという心境ですので、外国人が日本語で道を尋ねた際は、日本語で道案内をしてあげましょう😌

英語で道案内を尋ねられた場合は上記の様にスマートフォンの翻訳アプリを使って道案内をするか、下記で紹介する英語を使って道案内をする方法を参考にして下さい!

わからない時はわからないと言う

guiding-points03

わからない時は無理をせず、わからないと言いましょう☺️

道案内される時のシチュエーションでよくあるのが、観光地域や都市など外国人がたくさん訪れる場所です。

観光地域や都市に住んでいる人は、周辺の地理の状況についても詳しいかもしれませんが、初めて訪れた観光スポットや都市で外国人に道案内を聞かれた時に例えば

I’m sorry, I have no idea how to go the place because it is my first time visiting here.

(ごめんなさい、私はここに初めて来たので、その場所への行き方を知りません。)

などと言いましょう。

本当にわからないのに無理して道案内をすると、むしろ迷惑になってしまいますからね😌

英語で道案内の仕方【道中】

guiding-points04

このパートでは、道で歩いている途中に声を掛けられた際に使用出来る英語を紹介します。

真っ直ぐ進む

「真っ直ぐ進む」の英語での言い方は下記の

  • Go street
  • Go along street
  • Go straight on street

です。

上記の例に、on Umedashinmichiを後に付け加えると

Go along street on Umedashinmichi.

(梅田新道を真っ直ぐ進んでく下さい)

という意味になります。

右、左に曲がる

「右や左に曲がるの」言い方は

  • Turn right
  • Turn left

です。

上記の例に、at the next corner、on Shinjuku 5-Eastを後に付け加えると

Turn right at the next corner.

(次のコーナーを右に曲がって下さい)

Turn left on Shinjuku 5-East.

(新宿東5丁目を左に曲がって下さい)

という意味になります。

例文

上記を組み合わせた例文を下記に記載します。

Go along street on Senbon-dori and turn right at the third corner. Then go street on Oshikoji-dori. Turn left at the Horikawa-dori, finally you can see Nijo Castle:)

(千本通りを真っ直ぐ進んで、3つ目の角を右に曲がってください。その後、押小路通りをまっすぐに進みます。堀川通りを左へ曲がると、二条城を見れますよ☺️)

英語での道案内の仕方【電車】

guiding-points05

このパートでは、道案内を聞かれた場所に行くまでに、電車に乗る必要がある場合に使用出来る英語を紹介します。

電車に乗る、降りる

「電車に乗る、降りる」言い方は

「電車に乗る」

  • Take a train
  • Get on a train

「電車から降りる」

  • Get down a train
  • Get off a train

です。

上記の例に、at Tokyo stationなどを後に付け加えると

Take the train going to Shinjuku at Tokyo station on Marunouchi line.

(東京駅で新宿行きの丸の内線の電車に乗ってください。)

Get off the train at Tokyo station.

(東京駅で電車を降りてください。)

例文

上記を組み合わせた例文を下記に記載します。

First, take the train at Shinjuku station going to Tokyo station on JR Chuo line. Then, get off the train at Ochanomizu station line and get on the train going to Tsudanuma station on JR Chuosobu line. Finally, get down the train at Akihabara station. Don’t pass the ticket gate during to arrive Akihabara.

(まず、新宿駅でJR中央線の東京駅へ向かう電車に乗ります。 その後、御茶ノ水駅で電車を降り、JR中央武線津田沼駅へ向かう電車に乗ります。 最後に秋葉原駅で降りてください。 秋葉原に到着するまで改札を通過しないでください。)

まとめ

2020年に東京でオリンピックも開催され、外国人の人も沢山訪れると思いますので、この機会に是非、英語で道案内を出来るようになりましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください