【無料テンプレあり】カナダでの日本語の履歴書の書き方【日本レストラン編】

カナダのバンクーバーやトロントなどへワーホリを利用し、日本食のレストラン(ジャパレス)などで働こうと考えている方で、カナダでの履歴書の書き方を知りたい人はいませんか?

本記事では下記の内容を紹介します。

  • 日本食のレストラン(ジャパレス)で使える履歴書
  • 日本食のレストラン(ジャパレス)で使える履歴書のテンプレート
  • カナダの履歴書と日本の履歴書の違い
  • 日本食のレストランに日本語の履歴書を送っても良いの?

この記事を書いている僕はカナダのバンクーバーに2年間在住しており、カナダの日本食レストラン(ジャパレス)で働くために履歴書(resume)を書いて応募をし、現在そのレストランで働いていますので、記事の信頼に繋がると思います😌

日本食のレストラン(ジャパレス)で使える履歴書

それでは早速、日本食のレストラン(ジャパレス)で使える履歴書の解説をしていきますね。

①.名前

名前を記入します。

②.住所

住所を記入します。

③.郵便番号

郵便番号を記入します。

④.電話番号

電話番号を記入します。

⑤.メールアドレス

メールアドレスを記入します。

⑥.希望職種

あなたの希望職種を記入します。

例えば、フルタイムのサーバーとして働きたいやパートタイムとしてキッチンで働きたいなど、あなたの働きたいポジション・職種を記入します。

⑦.性格、資格取得

性格と資格取得を記入します。

性格は例えば、責任感がある、新しいことに挑戦することが好き、気さくな、丁寧な仕事、時間厳守などの長所を記入します。

資格取得とは、カナダにはフードセーフ(Foodsafe)やThe Serve it Right (SIR) などキッチンやサーバーの仕事をするために取得する資格があり、すべてのレストランで必要となる資格ではありませんが、取得しておくと採用される率が高くなったり、給料が最初から上がったりしますので、取得を検討するのも良いかもしれませんね。

フードセーフに関しては下記の記事に詳しく書いてありますので、読んでみて下さいね😌

⑧.職歴

カナダ、日本の職歴について3つほど記入します。

役職(例:キッチン、イベントスタッフ、プログラマーなど)、期間(例:2014年の4月から2015年の10月までなど)、会社名(例:ソフトバンク、ローソン、トヨタ自動車など)と仕事内容(例:”簡単なドリンク、サイドメニューを調理”など)を記入します。

仕事内容は3つ以上書けると良いですね😌

⑨.学歴・教育

あなたの学歴を記入します。

大学や専門学校の名前、大学や専門学校の場所(国と都市、日本の大学などの場合は、県と市を記入する)、専攻学科、期間を記入します。

日本食のレストラン(ジャパレス)で使える履歴書のテンプレート

日本食のレストラン(ジャパレス)で使える履歴書の書き方も大方理解出来たと思いますので、無料で自由にジャパレスで使える履歴書のテンプレートを配布します。

WindowsとMacどちらを使ってもテンプレートを利用できるために、Word(ワード)とPages(ページズ)のテンプレートを用意してあります。あなたが使用しているパソコンに合わせて利用して下さい。

カナダの履歴書と日本の履歴書の違い

日本で履歴書を作成する際に、当たり前に添付する証明写真がカナダの履歴書では”ダブー”になっています。

今回紹介している履歴書は僕がカナダの授業で履歴書についてのタブーや書くべきことなどを学び、その履歴書をテンプレートをとして配布をしていますので、安心して利用をして下さいね😌

またカナダと日本語の履歴書の違いは以前の記事で紹介をしているので、気になる方は下記の記事をご確認ください!

日本食のレストランに日本語の履歴書を送っても良いの?

今回紹介している履歴書は日本語で書いてある履歴書です。

もしかしたら「カナダなのに日本語の履歴書でも大丈夫なの?」と思っている方もいると思いますが、結論はレストランによります。

JP Canadaなどの掲示板などで募集している日系の会社やレストランは、日本語の履歴書を要求するレストランもあれば、英語のみやまたはどちらでも可能なレストランもあります。

英語で書くのが面倒くさいと思う人は、上記のテンプレートを利用して下さい。

また英語で書きたい、英語の履歴書を要求されている人は下記の記事から英語のテンプレートをダウンロードして利用して下さいね😌

まとめ

今回はカナダで利用できる日本語の履歴書の書き方【日本レストラン編】の記事を執筆しました😌

履歴書なんてサクッと書いて、空いている時間を有意義に使いましょうね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください